緊張しない方法

あなたの一年前の悩みは何?|緊張しない方法

緊張しない方法,あがり症,克服,対策

今まであなたに降りかかった問題の中で
解決できなかったことがいくつあるか考えてみてください。

 

どんなに苦しかったことでも、時が経つと忘れてしまいます。
その証拠に、ちょうど一年前の今日、何に悩んでいたか思い出せますか?
ほとんど思い出せないのではないでしょうか?

 

「銀座まるかん」の創業者である斉藤一人さんは、講演会で1000人の
聴衆に同じ質問をしました。すると、
一年前の悩みを覚えている人は一人もいなかったそうです。

 

「私は今、足がガクガク震えている。でも、自分に解決できない問題などやってこない!」
こう考えることが、効果的な緊張しない方法になります。

 

今抱えている問題は、一年もしないうちに自然になくなるのです。
これまでの悩みを全部忘れずに背負っていたとしたら
新しい悩みを抱えることすらできないでしょう。

 

現実には次から次へと新しい悩みや問題がやってきますが
これは、人間の脳が最終的にはちゃんと悩みを忘れるようにできている証拠です。

 

あなたに解決できない問題など降りかかりません。安心してください。

 

これでだいぶ楽になってきませんか?
「解決できない問題は降りかからない」と思うことで
ここぞという場面でも、緊張を抑えられるようになります。

専門家による緊張しない方法

緊張しない方法,あがり症,克服,対策


あなた自身で、「考え方を変え」「準備をし」緊張しない方法を実践し、
あがり症を克服しようとしても、ダメだったら・・・

でも、まだ、あきらめないで下さい。
意識の上で努力してもダメだった場合、原因は「無意識=潜在意識」の中にあるかもしれません。
人前に立って緊張した時(あがり症)の無意識に湧き上がる震えや緊張は潜在意識に原因があります。
これまでの人前で恥をかいたり失敗した体験、自己嫌悪や後悔などネガティブな感情が大量に潜在意識にトラウマとなって記憶されています。それが人前に立ったとたん思い出され震えや緊張として現れます。
人前に立って緊張した時(あがり症)の無意識に湧き上がる震えや緊張を無くするには潜在意識の中のあがりを誘発するトラウマ的な記憶を正しい記憶に書き換える事が必要です。
潜在意識の記憶は繰り返し正しいメッセージを届けるだけで簡単に書き換わります。
>>>詳しくはこちら


スポンサーリンク