緊張しない方法

緊張しない方法とは?

考え方を変えてみると、人前で緊張しない方法は難しいことではありません。
しかしそれが分かっていて、できない人の方が多いのです。

 

みんなが一番欲しい薬とは?

緊張しない方法,人前,面接,スピーチ,発表,プレゼン

サラリーマン500人を対象に
「実際に薬局には売っていないが、一番欲しい薬は何か?」
という、ユニークなアンケート調査で
1位になった答えは何だと思いますか?

 

記憶力がものすごく良くなる薬でもなく
24時間働ける薬でもなく
なんと「あがり症を消す薬」だったそうです。

 

これは驚きの結果ですね。

 

あの有名なインターネットの掲示板「2ちゃんねる」を覗いてみると
いくつもの「人前で緊張しない方法を教えてください」という書き込みが見られます。
「マジックマッシュルーム」という法規制されているキノコを紹介するような
許されない発言も出てきますが、それだけ真剣に人前で緊張しない方法を知りたい
人が多いのでしょう。

 

私もかつてはあがり症に悩む一人だったので、その気持ちは理解できます。
性格を180度変えることができないように、思考を変えなさいと言われても
長年しみついた考え方を容易に変えることができない人がほとんどです。

 

それでは、どうしたらいいのでしょうか?

 

思考を変えるだけでは、あがり症対策にならない

緊張しない方法,人前,面接,スピーチ,発表,プレゼン

実は、思考を変える努力だけではあがり症対策にならないのです。
もう一つ「準備力」をつけることが必要となります。

 

例を挙げると、結婚式であなたがスピーチを頼まれたとします。
その時に、
「何か気のきいたエピソードを出せるだろうか」
「当日までに原稿ができあがるだろうか」
「みんなが注目している前で緊張せずに話せるだろうか」
「直前に頭が真っ白になってスピーチ内容がとんでしまわないだろうか」
などとできるかできないかのメドを立ててるはずです。

 

つまり、あなたはスピーチで恥をかきたくないと思うのと同時に
自分の理想とする状態で当日に臨めるかでも悩んでいるのです。
このような時間軸での不安は、準備がきちんとできれば解決できます。

 

はっきり言いましょう。
たとえ「人前で話すなんて絶対無理」という考え方のままでも
準備さえ油断しなければ、後ほど紹介するあがり症の対策テクニックで
人前で緊張しない方法を身につけることは可能なのです。

 

私が相談を受けたなかには、段取りの方法が分からないとか
準備が面倒くさいと思っていた方もいました。
いかに事前の手間を怠っていたかが分かります。

 

人前で緊張することを恐れている人は、この「準備」が重要と分かっていながら
そんな当たり前のことができていないのです。

 

人前で緊張しない方法を身につけるには、思考を変えることと準備力をつけること。

「思考」が思い通りにいかないときは「準備」が、
逆に「準備」がうまくいかないときには「思考」が
緊張を抑えてくれるのです。

 

この二つに集中した
「人前で緊張しない方法:2つの秘訣」をおさえておけば、
人前で緊張しない、あがり症を克服することが出来るのです。

 

「人前で緊張しない方法:2つの秘訣」は、

1.「考え方を変える」
2.「準備をする」

という
このたった二つのことをやるかやらないかだけのことです。
心理学の本に出てくるような難しい解釈は一切必要ありません。

 

それではここから、それぞれについて詳しく解説していきましょう。

専門家による緊張しない方法

緊張しない方法,人前,面接,スピーチ,発表,プレゼン


あなた自身で、「考え方を変え」「準備をし」緊張しない方法を実践し、
あがり症を克服しようとしても、ダメだったら・・・

でも、まだ、あきらめないで下さい。
意識の上で努力してもダメだった場合、原因は「無意識=潜在意識」の中にあるかもしれません。
人前に立って緊張した時(あがり症)の無意識に湧き上がる震えや緊張は潜在意識に原因があります。
これまでの人前で恥をかいたり失敗した体験、自己嫌悪や後悔などネガティブな感情が大量に潜在意識にトラウマとなって記憶されています。それが人前に立ったとたん思い出され震えや緊張として現れます。
人前に立って緊張した時(あがり症)の無意識に湧き上がる震えや緊張を無くするには潜在意識の中のあがりを誘発するトラウマ的な記憶を正しい記憶に書き換える事が必要です。
潜在意識の記憶は繰り返し正しいメッセージを届けるだけで簡単に書き換わります。
>>>詳しくはこちら


スポンサーリンク